廃車「必要」

もうどうやっても中古車としての再利用が出来ないようであれば、廃車にしなくてはなりません。廃車をしたらどのようなことをしなくてはいけないのでしょうか。どの様なものが必要なのでしょうか。
まず、廃車にするには色々な書類が必要になってきます。廃車手続きの種類によっても異なりますし、普通車、軽自動車でも変わってきますので、事前に問い合わせなどをして確認しておきましょう。
永久抹消登録の場合、先にも述べた様に解体証明書が必要になります。他、免許証のコピー、印鑑登録証、ナンバープレート等です。他ケースによっては住民票や戸籍の附表が必要な場合もあります。いずれにせよ、書類が揃っていないと手続きができませんので、陸運局に行く前にしっかり確認して申請に行きましょう。
一時抹消登録の場合は解体証明証は必要ではありません。
申請するにあたって、本人以外の場合は委任状も必要になってきます。
廃車手続きが無事に済んだら、自賠責保険や任意保険の解約返戻金自動車重量税、自動車税の還付金が戻ってきます。
廃車にすることで、それまで支払ってきたものが必要なくなって来ます。例えば、自賠責保険などは車を所有する人に義務づけられた保険です。車を廃車して、それ以降車に乗らないのであれば当然支払う義務はありません。もちろん、自分ではいった任意の保険についてもそうです。車を運転しないのであれば、当然保険に加入する必要はありません。また、自動車税も車を所有しなくなったら、支払う必要はありません。自動車税は車を所有している人のみが支払わなくてはいけない税金です。廃車手続きをしたら自動車税を支払う必要は無くなります。これは車検が残っている場合、還付制度に基づき、払いすぎた税金が戻ってくる様になっています。これに関しては廃車手続きをきちんとすることで、他は通知を待つだけです。通知が来たら、払いすぎた税金が戻ってきます。ただし、軽自動車においてはこの還付金制度はあてはまりません。

check

猫のダイエットを検討する

2018/5/10 更新